ノート

よりよい内容にするために

ノート

試験や学校などに提出する小論文ですが、自分で一から考えるには手間も時間もかかってしまいます。小論文を書きやすくするお手本として指導してもらえるのが小論文の添削です。小論文には、様々な採点ポイントや試験管の評価の対象となるところがあります。それを知っておくことでより合格に近づけるポイントを抑えた小論文を書くことができるのです。専門の人に自身の小論文を添削してもらうことで、自分の小論文をどのように改善すればよいのか、何が不足しているのかなどの様々な点が見えてきてより良い小論文が欠けるようになるということです。人によって見るところや重要視するところは違いますが、添削結果はどういう観点からとらえていけばよいのでしょうか。

小論文の添削結果で見るところとしては、まず添削結果は実際に検証可能なことかどうかということです。具体的に実現できる内容じゃないと嘘の情報を書いてしまうことになりますし、失礼になります。理想ではなく、実証できるということが重要になってきます。こうなりたいという理想を思い描くことは大事ですが、それを伝えることもできる裏付けもきちんとできるようにならなければなりません。そういう理由から小論文には必ず自分ができる範囲内の内容を記入していきましょう。そのほか添削結果で重要なポイントは、具体的に改善したほうがよい点を示してくれているかということです。問題点を見つけることは簡単ですが、具体的にどのように改善していけばよいのかまで示してあげることが大事です。これは小論文に限らず、何にでも言えることです。何かを上達するためにはどのように動けばいいかを考える必要があります。それを具体的に示してあげることで小論文は非常に良い内容になるといえます。また、添削結果で重要視するところは添削のために添削を行っていないかというところです。というのは、小論文の添削には費用が発生する分、何か添削をしなければと考える指導者もいます。そのため大変良い小論文でも無駄に添削がなされていたり、本心からの添削ではないことを行ってしまう人も中にはいるのです。よいものはいい、改善すべき点は添削をするといったきちんとした添削を行ってくれる指導者に依頼することが重要になります。小論文の添削を依頼するときはそういった様々な点を踏まえて点自身の小論文の添削を依頼することです。